不動産を売る、それが不動産営業
本当に売れるの?
報酬は良いですよ
飛び込み営業の辛さ
何をアピールするのか
しっかりと説明しなければなりません
不動産業界のトレンドを知らなければなりません
ポスティングも仕事
楽しい事もあります
お客が可愛いと…
様々な物件に入れます
新技術を体感できます
有名人と会える?
報酬の良さでしょう
住宅事情に詳しくなれます
自分の家選びで失敗がなくなるでしょう

中堅営業マンが語る 不動産営業の世界

世の中には様々な仕事があります。「無限」というと大げさですが、様々な仕事があり、それぞれが様々な仕事に就いているのですが、「営業職」は出来れば敬遠したいと思っている人も多いのではないでしょうか。

物を売り込む、それが営業職です。サービス業の場合、欲しいと思ったお客に物を売るのですが、営業職の場合、相手云々ではなく、自分の力量で物を売らなければならないのですから大変ですが、何を売るかによっても異なるでしょう。売れ筋商品の営業であれば、場合によっては「品不足」という嬉しい悲鳴でお客に頭を下げなければならないかもしれません。本来であれば、「買って下さい」と頭を下げるのが、人気のおかげで「売り切れです」と頭を下げる…。営業職の人にとっては理想とも言えるでしょうが、そのような商品は稀です。世の中のほとんどの人が物を売るために様々な方法で営業を行っていますが、中でも「不動産営業」はとても大変でしょう。気軽に購入する事が出来るものではありませんから、物を売るのに時間がかかります。

それでも不動産営業を行わなければ不動産が売れませんから、とても大変なお仕事ですが、そんな不動産営業の世界を覗いてみるとしましょう。

中堅営業マンが語る 不動産営業の世界

不動産を売る、それが不動産営業

不動産を売るのが不動産営業ですが、簡単なものではありません。

楽しい事もあります

厳しい世界ではありますが、楽な事もあるのが不動産営業の世界です。

不動営業の世界を現場の代表とも言える中堅営業マンに語ってもらいましょう。

中堅営業マンが語る 不動産営業の世界不動産を売る、それが不動産営業楽しい事もありますサイトマップ